注文住宅は、自分の理想を形にできる反面、どのような間取りにすればいいのか悩んでしまいますよね。実際に住んでから、こんなはずではなかったと後悔しないように、ここでは間取りや、土地選びの注意すべき点をご紹介していきます。

注文住宅の間取りについてのポイント

設計図の上では問題がなくても、自分の生活スタイルと間取りが合わないとストレスを感じやすくなります。住めば慣れるかもしれないと、我慢して暮らすことがないように、部屋の数や広さ以外に、快適に過ごすために必要なポイントをご紹介します。

部屋が片付かない!収納スペースは適切な広さを設ける

収納スペースがあっても、スペースが小さすぎて本当は中に入れたいものが収納できず、部屋に置きっぱなしになってしまったりすることはありませんか。反対に、収納スペースが必要以上に大きすぎる場合も、使い勝…

お隣さんと目が合う!窓の位置や数は近所の家の間取りも考慮する

注文住宅で間取りを決める時は、事前にいくつかのポイントをおさえておくことで失敗せず住みやすい家を造ることができます。まずは現在の家族構成と将来の家族構成を考え部屋の数などをシミュレーションすること…

注文住宅の完成までに費やす時間

注文住宅の完成までに必要な時間は環境などの影響によって個人差はありますが、1年~1年半程度はかかるとされています。

コンセントが足りない!配線の設置場所や数を確認する

コンセントが必要な場所を洗い出そう

生活の中において、私たちはたくさんの電化製品に囲まれています。冷蔵庫や洗濯機、テレビといった大型家電などだけではありません。電子レンジやトースター、炊飯器など様々な家電を使っているため、それらの配置を考え、必要な場所にコンセントを設けておくようにしましょう。また、生活の中では、ホットプレートやドライヤー、掃除機など必要な時のみコンセントを使う電化製品もあるため、一日の生活の流れを思い出しながら、コンセントが必要になる場所をピックアップしていくことも欠かせません。扇風機やヒーターなど特定の季節のみ使うものもあるでしょう。また、スマホや電動自転車のバッテリーなど、充電のために必要とするコンセントもあります。

必要になるコンセントの数は

一般的には、一カ所につき2口や3口のコンセントが設けられていきます。もちろん、そこから延長コードを接続してタコ足配線にすることもできますが、見栄え的にあまりキレイではなく、ホコリが溜まりやすくなるため、安全性の面から見てもあまりおすすめとは言えません。そのため、あらかじめ必要なコンセントの数を数えておき、必要に応じてコンセントの口数を増やしておくようにしましょう。特にキッチンまわりは、たくさんの家電が並ぶ場所でもあり、必要なコンセントの数も増えやすくなるため注意が必要です。家電収納付きのカップボードを置く場合は、カップボードからも配線が出ており、コンセントに差し込む必要があるため、設置位置についてもよく検討する必要があります。

注文住宅の土地選びでのポイント

注文住宅にとって土地選びも大切なポイントです。建物が理想通りであっても、通勤しづらい場所や最寄駅から遠いとなると、毎日のことなので苦労が増えます。ここでは土地選びの際に注意したいポイントをまとめていますので参考にしてみてください。

通勤がつらい!最寄駅までの距離や勤務地までの乗り換え回数を確認する

注文住宅を建てるとなると、家そのものに重点を置いてしまうかもしれませんが、家をどこに建てるかもとても重要です。一般的に、最寄駅から遠くなると、土地の値段は安くなる傾向があり、希望の金額で広い土地を…

窓が開けられない!騒音が気にならないか何度も土地を見に行く

注文住宅用の土地選びをする際に、土地の形や大きさだけでなく、隣家もしっかりチェックしておいたほうが良いでしょう。例えば敷地にギチギチに収まるような家だったりすると、隣の家の壁や塀が邪魔で家の外開き…

毎月のローンが高い!予算に見合った土地かどうかを検討する

注文住宅を建てるのであれ土地が必要になります。すでに自己所有の土地があるのならば、そこに住宅を建てれば上物だけの費用で済ますことが出来ます。しかし土地から仕入れるのであれば、土地探しは重要な作業に…