部屋が片付かない!収納スペースは適切な広さを設ける

収納スペースが適切でなければかえって不便になってしまう

収納スペースがあっても、スペースが小さすぎて本当は中に入れたいものが収納できず、部屋に置きっぱなしになってしまったりすることはありませんか。反対に、収納スペースが必要以上に大きすぎる場合も、使い勝手が悪くなってしまうことがあります。その中に収納することが億劫になってしまったり、うまく使いこなせずにデッドスペースを作ってしまい、せっかく大きな収納スペースがあるのに、少しのものしか収納できなかったりして、結果的に部屋の中が物で溢れてしまう場合もあるようです。つまり、収納スペースは、その場所や用途に応じて最適な広さでなければ使い勝手が悪くなってしまい、不便さを感じたり、部屋が散らかる原因にもなってしまうのです。

適切な収納スペースをつくる前に考えること

適切な収納スペースをつくりたい場合、まずはあらかじめそこに何を収納するのか考えるようにしましょう。そうすることで、収納としてどの程度のスペースが必要なのか見えてくるようになります。ハンガーにかけた洋服を収納したい場合と、布団などのように大きなものを収納したい場合、本や小物類を収納したい場合とでは、必要な広さは全く異なってきます。奥行きや幅だけでなく、高さ関係にも注目するようにしましょう。大きなものや重さのあるものを収納したい場合は、強度が得られる固定棚が向いており、収納したいものの高さに合わせて調整する必要があります。小さなものや軽い物の場合は、後から棚板を増やしたり高さの変更ができる、可動棚にしておくと良いでしょう。